男の人

薄毛の改善には育毛剤|頭皮に良い効果を与えるものを選ぶ

遺伝子や血液検査も必要

育毛

医薬品の作用を診断

福岡県の中にある薄毛治療薬を処方してくれる病院は多数あります。薄毛治療薬の一つでもあるプロペシアは男性型脱毛症のみに効果を持つ発毛剤で、福岡県の中にある薄毛治療を行う病院の多くがプロペシアを処方してくれます。但し、プロペシアは男性型脱毛症の治療薬で、他の薄毛に対する作用が無い事、女性が服用した場合は恐ろしい副作用が生じる事から処方が行われないなどの特徴を持ちます。福岡の病院の中にはプロペシアの処方だけを行うところもあれば、薄毛治療に特化している病院などの場合は、医薬品の効果があるのか、副作用のリスクは無いのかといった血液検査を行ってくれる、そして男性型脱毛症は遺伝子の影響を受ける事から遺伝子検査を行う専門の病院が福岡県にあります。

男性型脱毛症のメカニズム

男性型脱毛症は遺伝子による男性ホルモンの乱れにより抜け毛が発生する特徴があります。男性ホルモンの一つ、テストステロンと体内酵素の5α-還元酵素が結び付くのは遺伝子の影響で、2つが結び付くと脱毛を促進させるDHTという強制脱毛ホルモンに変換されてしまう事になります。DHTは毛周期を乱す性質を持ち、髪の毛が生えて来ても脱毛を促進させてしまうため、髪の毛が成長しない状態になります。福岡の病院の中では遺伝子検査を行ってDHTによる脱毛であるのかを診断し、男性型脱毛症という診断が下された場合にプロペシアが処方される事になります。プロペシアは5α-還元酵素を阻害する作用を持つ医薬品で、プロペシアを服用する事で毛周期が正常な状態に戻り、髪の毛が生えて来るようになります。